top of page
  • Coco

あなたがトレーニングの日記をつけなきゃいけない理由5つ


こんにちは。

記録が体を作る。 バーンフィットです。


__皆さんは運動日記を書いて運動していますか?


運動を始めたばかりの方々が最も誤解することの一つが、まさに「運動日記はジムにいるエリート達や、運動の選手たちが書くものではないか?」ということです。


でも、全くそうではありません。


運動日記は、皆さんが運動のプロでも趣味の一つにしても、自分の成長を図りたければ、運動日記は必ず書くことをお勧めします。




ジムでよく見かける姿の一つがまさに、運動をしに来てトレッドミル(いわゆるランニングマシン)である程度有酸素をして、少しも計画を立てないまま、人のいないマシンやフリーウエイトで好きなように運動して(あるいは腹筋運動をして)帰宅する姿です。


私も最初はそうでした。 「まあでも軽く1時間くらいは運動したんじゃない?」と思っていましたが、実は1時間の間にあちこち動き回って無駄な行動をしていたり、テキトーな休憩時間の仕方、負荷の設定を間違えていたりなど、かなり効率悪く運動していました。


もちろん運動をすること自体に目的があったりだとか、運動を初めてする人なら全くしないよりはましだと思います。 しかし、このようになにも計画を立てずに運動をする場合、予想以上に多くの人が目標を達成できないことに失望し、運動をやめることになります。


運動を始めて1年くらい経ったとき、「なぜ私には伸び代がないのか?」と真剣に悩んだことがありました。 どうしてユーチューバーやインスタグラマーたちはちょっと運動すればすぐに結果が出るのに、なぜ私には結果が出ないのか。もっと時間を割かなければいけないかな?という悩みでした。

ですが、色々悩んでいた最中に友達が勧めてくれた運動日記を始めてからは、一切悩まなくなりました。


不思議なことに、計画を立ててからジムに行った際、以前よりトレーニングする時間は少ないはずなのに、以前よりも成長するスピードは速くなったのです。


きっと今、この瞬間に以前の私と同じような悩みを持っている方がいると思います。



それでそのような方々のためにトレーニング日記を始める必要がある理由を5つお伝えしたいと思います。





1. 運動日記はトレーニングをやりすぎたり、やらなさすぎたりするのを防ぎます


これはトレーニングの日記を書く一番の目的です。 皆さんが単純にジムに行って人気がなく残っている器具や、その日唐突にやりたいと思った運動をすると、ほとんどの方が同じ部位を運動しつづけたり、あるいは意味のない運動をする場合が多いです。


例を挙げてみましょう。 計画を立てずにジムに行って、三頭筋のトレーニングを真っ先にして、その次にベンチプレスをしたら、何か問題があるのでしょうか?

まず、ベンチプレスは三頭筋を鍛える運動です。 そして大筋肉なので一般的には必須である負荷が大きいです。 筋肉の成長にはある程度の負荷が必要ですが、すでに三頭筋運動をしてからベンチプレスをすると、成長に欠かせない重い重量をあげることができません。


皆さんの目標は筋肉の成長ですが、必要以上に有酸素運動をしてしまう場合があり、有酸素が目的なのに小さな筋肉である腕の運動をすることもあります。


また、どんなに体調が良くても全身の運動を無理に行うと、怪我が生じることがあるだけでなく、筋肉痛によって長期間休むことになり、運動時間に影響を及ぼすこともあります。 何の計画もなしに運動しに行くと、必要な運動をしなさすぎたり、しすぎる可能性が高くなりますが、運動日記はこのような問題を解決できます。






2.成長の構造を作って確認することで、より運動するきっかけを作りやすくなります


皆さんの目標が筋肉の成長であれ、運動能力を伸ばすことであれ、ダイエットであれ、結局、目標達成への道は険しく、決して容易ではありません。 そんな時、一番役に立つのは誰かの助言や名言ではなく、変化していく自分自身を見て自ら動くきっかけをつくるのです。


運動日記は計画を立てて、実行することを繰り返し、成長の構造を作っていく最適なツールであり、成長する自分の過去、現在、未来を一目で見ることができる技術です。 したがって、日記をつけることは目標に達する大きなきっかけになります。



3. より的確な目標を設定できるようサポートします。


運動目標を設定する上で最もよくないのは、実現不可能なハードルの高い目標を設定することです。

熱心な姿勢で限界に挑戦する心構えはとても良いです。 しかし、ハードルが高く実現不可能な目標は、自分自身を疲れさせる原因になりますし、簡単に諦めてしまいます。的確な運動目標を設定するためには、自らを客観視して見ることが重要です。「この運動をやってみたら自分はどのくらい耐えられるかな?今週は何回運動しに行ったっけ?」と計算してみて、より自分の目標を客観化してみると、目標も実現可能になります。





4。 運動日記は正直に記録され、もっと熱心に運動するようになります。

目標と計画についての文章を書くことは良い行動です。 皆さんは計画なしにジムに到着し、浅く誓った運動するセットと目標を達成する場合はどれくらいですか? 筆者である私もそのように運動をする頃にはいつも最後のセットをしないか、できない言い訳を自ら探しています。

「今日は調子が悪いからこれくらいにしておこう」、「もう十分運動したし、大変だからここまでにしよう」と。

運動日記を書いて計画を立てると、その計画が嘘でない以上、自分との約束を守るためのきっかけを作ってしまいます。 自分で立てておいた計画なので言い訳もないでしょう。



5。 運動日記は自分だけの運動スタイルを素早く把握できます。


運動を長期間すると、自分だけの運動パターンとスタイルが生まれます。 ユーチューブや様々なメディアで運動を教えてくれる方々の運動方法とキャパが少しずつ違うことをご存知ですか?その理由は、人によって運動がうまくいくパターンとスタイルがあるからです。


自分によく効く運動のパターンやスタイルを知れば、その分成長や目標までの道のりが簡単になります。 長い時間体で習得しながら自然に知ることもありますが、運動日記を作成すると、通常の時間よりも早く、自分だけのパターンとスタイルを見つけることができます。




私たちが作るバーンフィットの目標は、運動をする初心者でもプロでも、誰でも簡単に運動に関する情報を入手できて、あなたのトレーニングをサポートをできるプラットフォームを目的としています。


目標がプラットフォームであるにもかかわらず、私たちがプラットフォームの機能より先に、悩んで作っている機能が、まさに運動日記をつけることである理由は、効率的に運動をするためには運動日記が必須であることをよく知っているからです。



まだ多くの人が運動日記をつけることが大切だということを見落として、非効率的な運動をしています。


もしかして、"日記を書くのはそんなに効果があるの?"と思っていますか?

皆さんはジムに長時間いますが、効果がなかったことはありませんでしたか?

それは皆さんが非効率的に運動をしているからではないでしょうか?


バーンフィットと一緒に運動日記を作成してみてください。 変化する自分の体を見ながら影響を受けて、もっと頑張る前向きなCircleを一緒に作ってみてはいかがでしょうか?



閲覧数:60回0件のコメント

Comments


bottom of page