top of page

Sheiko Program (セイコープログラム)

こんにちは。

記録が体を作る、バーンフィット!です。

今日紹介するプログラムは’Sheiko Program’(セイコープログラム)です。


セイコープログラムとは?


有名オリンピックメダリストを育てたロシアの重量挙げコーチボリス・セイコー(Boris Sheiko)が選手たちを管理し教育する時に使用した、パワーリフティングプログラムを統合してSheiko Programといいます。


やれる能力さえあれば、筋力上昇効果が高いと知られています。


Sheiko Porgramの珍しい点は、ボリス・セイコー自ら、一度も自分のプログラムを公開したことがないという点です。 ここでボリス・セイコーの哲学が現れます。 彼の基本的な哲学は、全員に合う完璧な運動プログラムなんてないということなんです。


彼は各自のスタイルに合った運動方法、そして能力に応じた運動プログラムを自ら開発しなければならないと言います。 できれば横にサポートしてくれるコーチがいれば一番良いと言われていますが、パーソナルトレーニングは高いため、持続するのは難しいですよね。




どうやって作られたのでしょうか?


ボリス·セイコーは自分のプログラムを公開したことがないのに、なぜインターネットでSheiko Program #29、#30、#31、#32 のような運動プログラムが検索されるのでしょうか?また、これらのプログラムは誰が作ったのでしょうか?

これらの運動は、ボリス・セイコーが著した本に出てきた運動プログラムの例示質問に基づいて作られたプログラムです。

つまり、Sheiko Program #29 というと、本の中間に出てきた29番の例を基に作られたプログラムという意味です。


ボリス・セイコーが公認したプログラムではないのに、依然として人々がセイコープログラムを愛用する理由は、行えば効果があることが立証されたためです。 特にオリンピック選手用に作られたプログラムにもかかわらず、初心者から専門家まですべて適用できる単純さもみんなが行う理由の一つです。


しかし、その一方で短所もあります。 筋肉の成長はできますが、実力が伸びるほどプログラムが完成されている訳ではありません。


そのため、Sheiko Programは他のプログラムと違って短い時間で行うのが特徴です。





それで、今日紹介するプログラムはなに?


🔥今日のバーンフィットでご紹介するプログラムは大きく2つの用途でご用意しました。

一つは初級者用4週間プログラム、そして残りは上級者用に改造した6週間プログラムです。


クリックするとグーグルシート移動します。


自分のレベルに合ったプログラムを実行することをオススメします!





Sheiko Programについてもっと知ろう


セイコープログラムを行う前にボリス・セイコーのインタビューを通じてコンセプトを知ることがプログラムをやり遂げるのにいいです。


⏬YouTubeリンク





🔥 [映像の要約]

そのインタビューは大体1時間程度のインタビューです。 運動に関連した部分だけ整理してみました。


※人によって運動方法は違う。 特に運動をどれだけ行っているかによって違う。


※スクワット、デッドリフトは広く多くの筋肉を使用するため回復に時間がかかる。 しかし、相対的にベンチプレスは小さな筋肉を使うため、回復が早い。


※姿勢と正確な運動を行うのが最も重要だ。 隣にコーチやパートナーがいなければ、インターネットに多く出ている専門家のトレーニング方法を追求し、運動しなければならない。


※精神力も運動をする上で重要な要素だ。 あなたの精神状態を把握しながら運動を行わなければならない。


※姿勢と正確な運動方法を身につけるのにも少なくとも6ヶ月、基本2年はかかると考えなさい。


※多くの人が忍耐力が足りない。 自分が持てる重さの90%までは、皆姿勢と行動能力が良い。 問題はその次からだ。 忍耐心を持って直していかなければならない。


※3大運動に対するTip


▶スクワット:重心を常に足裏の中央に置きなさい


▶デッドリフト:早く持ち上げるためにロックアップ姿勢を早める人が多い。 デッドリフトの速度は床から始めて固定しなければならない。


▶スクワットとデッドリフトは頭を下げすぎるな。 バランスが崩れやすい。


▶ベンチプレス:バーを引く癖、体のアーチを作り出せない人々がいるというのが課題だ。


※オーバートレーニングの基準は全て違う。


※専門家レベルほどコーチが必要だ。




ボリス・セイコーはインタビューで、運動時のテクニック、つまり姿勢と正確な修行動作を何よりも強調しています。

皆さんも該当プログラムを遂行する前に、自分の運動姿勢が正確かどうかを確かめてみてください。

すでに多くの専門家が運動姿勢に関する映像をYouTubeのようなプラットフォームにたくさんアップしていますから。

記録が体を作る。 バーンフィット!

バーンフィットと一緒に今日はSheiko Programを一度進めてみてはいかがでしょうか?









閲覧数:25回0件のコメント

Kommentare


bottom of page